FC2ブログ

記事一覧

寒波

新年明けましておめでとうございます。

門田でございます。

ここ数日、例年まれに見る大寒波。ということで、中部や日本海側は大変なこととなっているそうですね。

東京にいる我々は、しばれる日だなぁと身を震わせる程度で済んだことに安心を覚えます。

カンパ。この言葉を聞いたときに、僕はふと、自分のインターネットでのハンドルネームと聞き間違えます。

中学生の頃、カッパが好きだったことがこうじて?今でも僕はカッパ、カッパに似た言葉のハンドルネームでどこかに現れています。

しかし、そのさらに前のハンドルネームは、最早今では口にもできない黒歴史となりましたので、書くことはできません。

インターネット。

とても身近な存在となったそれは、手のひらサイズで世界と交流できる便利なアイテムとなりました。

私の初めてのインターネットは、パソコンからでしたが、その時の目の前に広がる「なんでもできそう」な無敵感は今でも忘れられません。

大好きなゲームの名前を検索して、ファンの交流サイトにアクセス。ただひたすら、画面の文字の中に入って会話をする。

流暢に話したくて、タイピングという言葉を知って、検索して、だかだかと大きな音をたてて何度も文字を打つ。様々なタイピングゲームを経ていくと、やがてアスキーアートに触れた。

チャット、お絵描きチャット、なりきりチャット。そして、2ちゃんねる。

自分の目で過去から今までの無数の交流を見て、それが楽しくて、恥ずかしいハンドルネームでずかずかと入り込み、マナーというものを学ぶまで、多くの人に迷惑をかけたと思います。

ただただ痴態をさらしておりました。思い出すだけで火が出るほどです。顔から。

話の締めとして、自分の過去のハンドルネームを検索&悶絶して、ネットでは形に残るから皆は注意しましょうね。って話にしようとしたのですが、どう検索しても、もっとも恥ずかしい部分はサイトと共に消えてしまって見つかりません。一生残ると言われていますが、なくなってしまうものもあるんですね。

そうなると途端に寂しくなりますが、このままネットの海ならぬ墓場にずっと埋めておきたいと思います。何でもかんでも掘り起こしちゃ情緒がね、なくなってしまいますからね。

余談:昔から遊んでいたフリーゲームの作者さんが、今ではスク◯ニの超大物タイトルの中核プログラマーとして関わっているのを知って、なんだか嬉しくなりました。17年たった今でも遊べる楽しいゲームです。本当にありがとう…

スポンサーサイト