FC2ブログ

記事一覧

七月の歯車終演の草

おはようございます。
汁なし担々麺です。
最近汁なしにまったくありつけていなくてそろそろ汁ありになってしまいそうです。自我の崩壊。
 
先日わたくしどもguizillenの5llen 
「七月の歯車 をもう一度」が終演いたしました。最終日には劇場から溢れちゃうんじゃないのってくらいのたくさんのお客様にお越しいただいて、ほんとうになんとかの極みでした。
 
この場を借りて改めて、ご来場の皆さま、スタッフの皆様、出演者の皆様、応援してくださったすべての方に御礼申し上げます。
 
サンクス
 
ミニストップの辛いチキンは露骨に辛い油みたいなのが注入してあって、都会的な味がしますがとても好きです。シティボーイ。
 
 
話が逸れましたが、ようやくこの物語ともお別れです。実に6年ものあいだ私を縛り付けたこの物語はいったんの終わりを迎えました。
 
しかし私は今もこうして生きています。物語の終焉とはなにか、考えてみてもいくつもの答えが出ては消え、結局定まらないまま浮かんでいますが、きっとこのとるに足らない汁なし担々麺めが物語を完成させ、終わらせることができる時が来るとしたらそれは私の死を伴うものなのではないかと。
 
そういう思慮深い文明人ぶったハナクソ文章は置いておいて、現実的に、出演者とか、モチベーションとか、今の私の思想とか、そういったアレコレ的に七月の歯車をさらにもう一度上演するのはとても難しいだろうなと思いますので、今はこれで終わりです。終わりでいいのです。
 
くっせえ臭いがしてきたろ?
俺だよ。
俺が放ってんのよ。
 
 
ともあれ久しぶりに稽古のない日々です。数週間後にはまた稽古の日々ですが。
 
今年はたくさんの劇団にお邪魔してほんとうにいろいろやらせてもらいました。
ずいぶん成長させてもらったと思います。
いろんな人にも出会えたし。
 
ありがたいことに来年の出演依頼もたくさんいただいたのですが、2017年はちょっと、自分のために使いたいなと思っています。
 
もちろん客演が自分のためにならないとはまったく思わないのですが
 
 
例えば本を読んだり、旅に出たり、友だちと遊んだり、歌を歌ったり、そういうことをもっとしていかないとなと思ったので。
 
芝居はアウトプットの連続です。
毎度自分の引き出しをひっくり返しては、中身の少なさに驚きます。絶望します。
 
だからもうちょっと、肥やしになるようなことをたくさんしたいなと思って、思って…まだ全然ノープランですが、楽しいことをしていきたいなと。
 
でもこれだけ他のことを投げ出して、芝居ばっかりやってられたのは、結局芝居が好きで、芝居より楽しいことが、思いつかなかったからだと思います。
 
さっきから思いますしか言ってないや。
 
旅に出たい。
 
そしたらそのうちきっと、なにか新しい物語がいつしかぼくの頭に取り憑いて本を書け本を書けと言い始めるでしょう。
やりたいこと書きたいことはもうたくさんあるんですけど、そのうちのどれが脳内の覇権を取るのか。まさに蠱毒。
 
いまから楽しみです。
 
 
またお会いしましょう。
 
美少女になりたい。
いやいっそただの少女でもいい。
 
汁なし担々麺が食べたい。
日清最高。
 
 
 
夜の海には月が映る。
 

 
七月の歯車より
ナギとユーリが連れ立って海に来たシーン。
ナギははじめて海を見た。
 
奇しくもユーリ役の末安陸は前作 土木座で海を見たい少年の役を演じていた。
 
…ていう
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guizillen(ギジレン)

Author:guizillen(ギジレン)
guizillenとは?
2014年秋口に結成した手作り劇団。
メンバーは佐藤、門田、渡辺、片腹、オノ。
2014年末に第1llen
「センチメンタル・ジャーニー」でスタンディングオベーションに包まれて華々しくデビュー。
2015年5月に第2llen「非現実の王国」、2015年12月に第3llen「真鍮の月」にて着々とコアなファンを獲得している。2016年8月には第4llen「土木座」を満員御礼にて終了。12月には第5llenを公演予定。