FC2ブログ

記事一覧

クッキーシュー 【制作 小さい】

はい、また今週もまた担当週がやってきましたね。
よくよく考えたら、事務方のブログなんて誰が読むんだろうと思いながら、
読まないだろうから好きなこと書いてやろうとか思ってたりしてます。
けどね、今週はねすうううううううううごく疲れてますのよ。
今週てかね、最近ね、もうね、パーってなってます。
胃痛ばっちこい。
えへへ。
頑張ってる自慢みたいなメンヘラ感でるけどね、
いいじゃんたまには愚痴ったってさ☆
guizillenとは別にね、仕事してるんだけどね、
これがもう大変。
この時期大変。
詳しく言えないけどもう大変。
クレヨンしんちゃんでネネちゃんがピンクのうさぎにストレスぶつけるじゃない、
あれをやりたい。
と言っても何にぶつけられるわけでもなく、なぁなぁにストレスかみ砕いて今日も生きているわけですよ。
えらいなー自分。
えらいえらい。
ちゃんと自分ほめていこう。
劇団員が9llenに向けて頑張ってるんだろうなーと思うと、
一歩離れて場所で自分も頑張らなきゃねって。
でもたまには誰かに褒めて欲しい。
乙女心。

乙女心と言えばなんですけど、
こないだなんかストレス解消に自分の好きなものでも見直してなんかリフレッシュしようーと
思ってなんかあったけかなーと思い当たったのが
ディズニーだったんですよ。
去年もなんだかんだ忙しくてランドもシーも行けてないまま、
今年に入っちゃって辛いんですけどね、
Dオタの皆様からしたら鼻で笑われる程度に好きなんですよディズニー。

もともと映画が好きでね、
いわゆるプリンセスものですね。
白雪姫から始まり、最新はアナ雪になるのかな?
厳密にいうと違うのかもしれないんですけど。
一番好きなのは長らく美女と野獣だったんですけど、
ラプンツェルが公開されてからは2枚看板的な感じですね。
ディズニープリンセスの共通するものとして、
純粋で、美しく、
かつ現実に立ち向かう行動力を持ち合わせている、
そんな大変パワフルな女の子たちなんです。
彼女たちの取り巻く環境は千差万別で大変個性的なんですが、
結構相対するプリンスたちも凄くユニークです。
なかでも美女と野獣のプリンスは、
その傲慢さにより魔女に呪いをかけられて野獣の姿に変えられています。
城もまがまがしい姿に、家臣たちも家具に姿を変えられてしまいます。
魔法の薔薇の花が全て落ちるまでに真実の愛を見つけないと、
この呪いは一生解けなくなってしまうんです。
まあーなんて無茶ぶり。
こんなところから話が始まるからアダム、あ野獣の本名アダムって言うんですけど、
物語冒頭相当やさぐれてます。
もうストレスの権化ですね。どないせいっちゅうーねん。という彼の声が聞こえてきますね。
大変愛らしい。
その無茶ぶりを見事解いてくれたのが、
プリンセスであるベルですね。
エマがものっそいかわいかったから、皆実写版美女と野獣観ようね!
彼女、生まれは発明家の娘というなんとも庶民的な出生なのですが、
そこから王子様に見初められて王族に入るというのがなんとも王道シンデレラストーリー。
大好きですこういうの。
彼女も最初は野獣にびっくりしてたんですど、
徐々に心を通わせていくことで、お互い真実の愛に目覚めるんですよ。
いいよね、真実の愛って。
あの世界たいてい真実の愛さえあればなんとかできるから。
まあねーこの時代王子に見初められるのが幸せなのか、みたいな話もよく聞きますけどね、
それではある種、憧れの一つとして抱き続けていいものだと思うんですけどね。
素敵な結末迎えたいじゃないですか。
「末永く幸せに暮らしました」で終わらせられる作品はとても尊いものだと思うのですよ。
やっぱりなりたいじゃん、お姫様に。

なんの話だっけ。
あそれでディズニー行きたいんです。
誰か行きましょ。
行くときはあんまり計画とか練らないで本能のまま回る派です。
一緒に行く人の希望とか慣れ具合とかおしゃれ具合とかを見てその日の流れきめちゃいます。
やっぱね、ディズニーはね、特別なんですよ。
田舎の生まれのモノからしたらディズニーランドに行くってことは特別なんですよ。
皆深夜の夜行バスに乗って、早朝から遊んで、また深夜バスで帰るんです。
たくさんお土産を買ってね。
それで次の日の学校ではヒーローですよ。
皆大好きチョコクランチ。
ミッキーの形をしたおせんべい。
皆でわいわい感想聞きながら頂くんです。
憧れであり特別なのが僕のディズニーですね、きっと

ああもうやめなきゃ。
最後まで読んでくれてありがとうございました。
また会う日まで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guizillen(ギジレン)

Author:guizillen(ギジレン)
guizillenとは?
2014年秋口に結成した手作り劇団。
メンバーは佐藤、門田、渡辺、片腹、オノ。
2014年末に第1llen
「センチメンタル・ジャーニー」でスタンディングオベーションに包まれて華々しくデビュー。
2015年5月に第2llen「非現実の王国」、2015年12月に第3llen「真鍮の月」にて着々とコアなファンを獲得している。2016年8月には第4llen「土木座」を満員御礼にて終了。12月には第5llenを公演予定。