記事一覧

guizillenと私 高木碧

こんばんは。汁なし担々麺です。うそです。佐藤です。
 
今回は高木碧(たかぎあおい)ちゃんにコラムを書いてもらいました。
 
碧ちゃんの簡単なプルフィールを。
 
たしか九州の方で生まれる。
いつからか自分の肉体が歳をとらなくなったことに疑問を覚え、母親を問い詰めると案の定なんらかの薬剤を投与されていた。
故郷と感情と性別を捨てて上京。
2014年末、性別超越劇団ギジレンと出会い、初めて自分の存在が許された心地になる。
(ギジレンの1llenは登場人物の9割以上が性的マイノリティだった)
2015年末念願の出演を果たし、多数の観客から性別を尋ねられる偉業を成す。
 
 
「guizillenと私 高木碧」
 
 
初めましての皆様、初めまして。
 
いつだって誰かの、出来ればあなたの、マーメイドシンデレラプリンスセス、碧ちゃんこと高木碧と申します。
 
僕とguizillenとの出会いはguizillenの旗揚げ公演。記念すべき1llen「センチメンタルジャーニー」を観に行った事でした。
 
出演者に友達がいたので観に行くかーという軽い気持ちだったのですが見終わった後、青い稲妻が碧ちゃんを攻め、炎、体、焼きつくしそれからまんまと約半年後、2llen「非現実の王国」観劇し僕はguizillenという劇団の虜になってしまいました。
 
独特の世界観、楽しそうな演者、何だかあの舞台に立っている人間達は本当に実在するのか、もしかしたら全部プロジェクションマッピングで構成されているのではないだろうか。
 
そんな感覚に陥ってしまう不思議な魅力がguizillenにはあります。
 
そして、出たい出たいと懇願しついに演者として出演した3llen「真鍮の月」出演してもなお、未だに僕はguizillenの虜。
 
魅力、細かく説明するよりも観てもらう方が早い気がします。
 
4llen「土木座」あと約2ヶ月後に都会中の都会、新宿の方で公演するみたいです。ありがたいことに僕も出演します。
 
回を重ねる度にパワーアップする限界知らずの劇団guizillen、8月の公演も間違いなく青い稲妻、落ちます。
 
以上、高木碧でした!!
 

3llen 真鍮の月 より 小あまて役
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

guizillen(ギジレン)

Author:guizillen(ギジレン)
guizillenとは?
2014年秋口に結成した手作り劇団。
メンバーは佐藤、門田、渡辺、片腹、オノ。
2014年末に第1llen
「センチメンタル・ジャーニー」でスタンディングオベーションに包まれて華々しくデビュー。
2015年5月に第2llen「非現実の王国」、2015年12月に第3llen「真鍮の月」にて着々とコアなファンを獲得している。2016年8月には第4llen「土木座」を満員御礼にて終了。12月には第5llenを公演予定。

最新コメント